© 2019 アンサンブルアマデウス

About us

■アンサンブルアマデウス
 イタリア生まれの名指揮者、故セルジョ・ソッシ氏の指導のもとに、2008年、アンサンブルOBSとして結成された。オペラ団体トウキョウ・プレイ・オペラとともに、王子ホールで「コジ・ファン・トゥッテ」を上演して初演奏を披露。その後はセシオン杉並において、2009年「フィガロの結婚」、2010年「コジ・ファン・トゥッテ」、2011年「フィガロの結婚」を連続して公演。ソッシ氏の逝去後は、2012年に中村一人氏の指揮で「コジ・ファン・トゥッテ」を、2013年に米津俊広氏の指揮で「フィガロの結婚」を、2014年には中村一人氏の指揮で「ドン・ジョヴァンニ」を採り上げた。2015年、トウキョウ・プレイ・オペラの解散とともに活動を停止していたが、2017年、指揮者に曽我大介氏を迎え、アンサンブルアマデウスと改称して再出発し、2018年6月、「ドン・ジョヴァンニ」を公演した。オペラの古典であるモーツァルトの作品に真摯に向き合って自らの音楽体験を深めつつ、多くの人にとってオペラが親しみやすいものになることを目指して活動している。